セックステクニック

後背位(バック)のやり方|女性にも人気!気持ちいいバックのコツとテクニック

セックスの体位と言えば、一番人気なのは王道の「正常位」です。そして、次点で人気なのは「バック」つまり後背位でしょう。

男性にも女性にも人気の後背位のやり方を知ると、セックスが楽しくなること間違いなし。というのも、バックのやり方は一つじゃないからです。

エロナルド
バックにもたくさん種類があるよね。
ミケランジ
普通のバックだけしかしないんじゃ、もったいないよ。

そもそも、基本の後背位でも十分気持ちいいセックスができますよね。さらにバックの応用を覚えれば、セックスファンタジスタになれるかも。

まずは、なぜ後背位が人気なのかを知って、支持されるポイントを認識することから始めましょう。せっかくバックをするのに、気持ちいいポイントを抑えなければ意味がありません。

後背位(バック)が人気な理由とは?男女とも快感が強い体位

正常位に次いで王道のセックス体位であるバックは、なぜ人気なのでしょうか。

ミケランジ
男からすると、視点がエロいよね。

女性の腰の曲線が見えるし、征服感があるというか。

バックを好む男性は、潜在的に以下のような心理があると言えます。

男性が後背位を好きな理由

  • 征服欲が満たされる
  • ペニスが奥まで入る
  • 動きやすい
  • 男性優位でセックスが進む
  • おっぱいやクリトリスなどを愛撫しやすい
  • お尻を触れる

このように、バックはメリットだらけ。単純に、ペニスに与えられる快感が強いことが一番の特徴と言えます。しかし、バックのメリットは男性側だけにあるものではありません。

女性が後背位を好きな理由

  • 顔を合わせないので、羞恥心が減って快感に没頭しやすい
  • マゾっ気が満たされる
  • 男性が動いてくれるので楽
  • 自分でクリトリスをいじりやすい

正常位が女性に人気な理由には「キスをしやすいから」というものがあります。キスなどの精神的な満足を求める正常位に比べると、後背位は身体的な快感を得やすいと言えるでしょう。

エロナルド
セックスが大好きな女の子にとって、バックはうってつけなんだね。

何より、バックでは男性が優位になってセックスが進むので、女性側が頑張る必要がありません。女性は四つん這いになり、自分の身体を支えなければならないので、奉仕意識が薄れることがポイント。

後背位では、女性が一方的に快感をもらう立場になれるので、快感に集中できるのです。男性も、自分の良いように突きやすい体位なので、お互いの快感を存分に高めることができるでしょう。

気持ちいい後背位の種類|4つのやり方

基本のバックとは、四つん這いになった女性に対し、男性が後ろから挿入する体勢ですよね。しかし、先述したように、後背位のやり方は一つではありません。

四つん這いになっている体位がただの「バック」として、派生した体位には「寝バック」「立ちバック」「横バック(側位でのバック)」など…たくさんの種類があります。人気AV男優のしみけんさんが命名した、ロールスロイスという変形バックも有名です。

それほど種類が多い後背位なので、それぞれの快感の違いを知りたくなりますよね。いろいろ試して、自分に合ったバックの種類を選べるようになりましょう。

ミケランジ
男女の体格差によっては向かない体位もあるから、実際にしてみないとわからない部分もあるよ。

男女の相性とは、膣とペニスの結合性以外でも、挿入のしやすさなど体格差に関係することもあります。相性が悪いと思われないためには、いろいろなセックスのやり方の知識を持って、よりしっくりくる体位を見つける技術力が必要ですね!

バックの4種類

  • 女性が四つん這いになっている基本のバック
  • 基本のバックの姿勢から、女性の上半身が沈む「つぶし駒掛け」
  • 足を持ち上げる、少しアクロバティックなバック
  • 立ちバック
[/st-mybox]

どんなバックをするでも、まずは基本のバックの挿入のやり方を抑えておく必要があります。寝バックや側位バックを覚える前に、王道の後背位を覚えておきましょう。

バックのやり方①|基本の後背位

一番基本となる後背位とは、ポジションの説明をするまでもないでしょう。四つん這いになった女性に、後ろからぶち込めばいいだけです。

エロナルド
でも、バックが上手くいかないこともあるよ。

上手にバックができないとき

  • 男女の身長差がかなりあるとき
  • かなり肥満体型のとき
  • 硬い床の上

バックでは、男女ともに膝立ちした状態です。なので、足の付け根から膝までの長さがある程度合わないと、男性の姿勢が困難になってしまいます。

また、女性の臀部の肉付きが良すぎたり、男性の腹部の脂肪が多すぎたりすると、ペニスが膣奥までしっかり届かないことがあるでしょう。

このように、上手に後背位ができない場合、角度の調整が必要です。

後背位を成功させるには

  • 女性側にお尻を高く上げてもらう
  • 男性が女性のお尻を引っ張って持ち上げる
  • 男性の腹の肉がある場合、女性のお尻の上に乗せる

このことから分かるように、女性はただ四つん這いになればいいってものでもありません。床と平行に四つん這いになっている女性の膣口は、下向きになっています。

ややお尻を突き出すように角度をつけてもらわなければ、ペニスの挿入が上手くいかないのです。

ミケランジ
それでもバックができない場合、ほかの体位でセックスするしかないよ。

また、硬い床の上での後背位も、膝にかなり負担がかかるのでおすすめできません。折り曲げた状態の膝は、関節にまとっている肉が伸びており、痛覚を得やすいです。

なので、ベッド以外の場所でセックスする際は、立ちバックがいいですね。立ちバックについては、このあとに詳しくご紹介します。

無事に挿入できたら、バックで感度を得るために動きますよね。実は、正常位よりもバックの方が動き方が簡単です。

後背位での腰の動かし方

  • 前後に腰を動かして突く
  • 女性の腰を抑えるとさらに奥まで挿入できる

一度挿入できれば、あとは自分の気持ちいいように動くだけです。

ただ、奥までペニスが入るのは、男性にとってのメリットです。女性にとっては、必ずしもメリットにならない場合があります。

後背位で女性が痛がる動き方

  • ポルチオが開発されていない女性を強く突く
  • 挿入開始直後に激しく奥を突く
  • 下から上に向かって強く突き上げる

「奥、気持ちいい…!」みたいな女性は、そう多くないと思ってください。特に、セックスを開始した直後にすぐ奥を強く刺激すると、性交痛を引き起こしやすいです。

ミケランジ
セックスで女性が痛みを感じたら、途中終了しちゃうから気をつけよう。

バックは動きやすいので、ペニスに快感を与えるために激しく動きたくなってしまう気持ちもあるでしょう。しかし、女性の膣内は、男性のペニスのような単純な性感帯ではありません。

気持ちいいと感じるまでには、徐々に強さを増していくような段階が必要なのです。

いくら手マンでほぐしていたとしても、ペニスの挿入感に勝るものではありませんよね。ペニスが大きめの男性は、特に気をつけましょう。

バックのやり方②|「つぶし駒掛け」


「つぶし駒掛け」とは、バックの姿勢から、女性が上半身を沈ませたものです。この体位になると、自然にお尻を突き出すことになるので、奥まで挿入しやすくなります。

ミケランジ
バックで身体を支えるのが疲れちゃった女性は、この姿勢になりやすいよね。

四つん這いの体勢で後ろから強く突かれる振動とは、実は割ときついのです。長時間四つん這いを保つのは二の腕の筋力が必要。たいていの女性は、早々にこの姿勢になってしまうでしょう。

つぶし駒掛けのポイント

  • 必然的に女性の腰の位置が下がりやすいので、しっかり持ち上げる
  • この体位のまま強く突き続けると、寝バックに移行する確率が高い
  • 女性の頭がどんどん前にずれていきやすいので、都度ポジションを確認

バックでよくある体位変動とは、バック→つぶし駒掛け→寝バックです。女性に筋力がない場合、こうなるパターンが多いのではないでしょうか。

ただ、バックとつぶし駒掛けは、寝バックよりも男性の快感が強いのが特徴。なるべくこの体位を保つように維持したいですね。

ミケランジ
女性の腰をちゃんと持ち上げる腕の筋力がいるね。

また、バックとつぶし駒掛けは、多少崩れたとしても「四つん這い」の姿勢です。四つん這いになっている状態で後ろから犯されると、男性に支配されている気分になる女性も多いです。

女性が精神的に満たされる体位でもあるので、男としての力強さを見せるためにも、女性の腰を引き寄せる体力が必要ですね。

バックのやり方③|アクロバティックな後背位

後背位の姿勢から、足を持ち上げた体位も人気です。女性の両足を持ち上げてバックをする強者もいますが、筋力うんぬんの前に、結構滑稽な体勢なので、あまりおすすめしません。

片足を持ち上げるくらいが一般的ですし、エロい体位ですよ。たとえば「燕返し」という名前の変形バック。

燕返し

変形後背位・燕返しのやり方

  1. 基本のバックをする
  2. 女性の片足を持ち上げる
  3. 持ち上げていない方の足を男性の股の間に挟んでバランスを取る

締め付けの強さは基本のバックに敵いませんが、角度が変わるので、挿入の深さを感じる場合があります。また、女性が自分で動くことがさらに難しくなるので、一方的にいじめることができるでしょう。

燕返しのメリット

  • クリトリスをいじりやすい
  • 征服欲がとても満たされる
  • 男らしさを見せられる
  • テクニックを見せつけられる
ミケランジ
普通のバックだけだと単調になってしまうセックスも、燕返しを取り入れることで一気にテクニカルになるね。

バックのやり方④|立ちバック

ベッドやソファなど、ふかふかした場所以外でのセックスにうってつけなのが、立ちバック。野性的な体位なので、興奮要素はたっぷりです。

しかし、基本の後背位以上に男女の身長差が大事になる体位です。

立ちバックのやり方・コツ

  1. 足の長さに差がありすぎる場合、男性は折り膝・女性はつま先立ち
  2. 女性が身体を支えられる壁などがある場所で行う
  3. 女性は立位に近いので、下から突き上げるイメージで挿入

どんなバックでも、基本的に女性が腰を動かすことが難しいです。なので、あまり積極的ではない女の子とセックスする際に向いている体位と言えますね。

特に、立ちバックは女性側が立位のバランスを取るだけで精一杯。

立ちバックのメリットとデメリット

  • メリット:焦燥感のあるセックスができる
  • メリット:おっぱいを触りやすい
  • デメリット:女性はバランスを取るのに精一杯で感度を得難い
  • デメリット:不安定な体位なのでイキづらい

立ちバックで射精したい場合、男性側は自分勝手に動く心意気が必要ですね。それでも受け入れてくれるタイプの女性なら、犯されている感が興奮となるので、立ちバックを楽しんでくれるでしょう。

ちなみに、ベッドの上での立ちバックは安定感がなく倒れやすいので、控えましょう。

番外編!気持ちいいバックのシチュエーション

バックのやり方は、すでに知っているという男性も多いはず。そこで、後背位をする際により興奮するシチュエーションをピックアップしてみましょう。

ミケランジ
体位としてのバックじゃなく、シチュエーションとしてのバックの楽しみ方もたくさんあるよ。

まずは、バックのイメージを考えてみましょう。

体位「後背位」のイメージとは

  • 野性的
  • 男性優位
  • 男性側が圧倒的な支配感を味わえる
  • 激しめに腰が動く

バックに対して、多くの人が持っているイメージはこのようなものではないでしょうか。

では、このイメージを存分に活用できるシチュエーションをご紹介します。

焦燥感のある立ちバックは至高

野性的な魅力がある体位・バックは、焦燥感を出せる体位です。セックスにおける焦燥感とは「今絶対にセックスをしたい!今じゃなきゃだめ!」のような、若々しい性欲のこと。

ミケランジ
思春期から青年期に、この焦燥感に駆られた男は多いはず。

バックの中でも、特に焦燥感を発揮できるのは、立ちバックです。

立ちバックのメリット

  • 立ちバックはどこででもできる
  • 服を完全に脱がなくてもできる
  • 男性は存分に「攻め」を楽しめる

足場さえあれば、どこででもできるのが立ちバックですよね。たとえば家に帰ってすぐの玄関で。またはお風呂前の洗面所、料理中のキッチンなど…性欲が湧き出たときにすぐに挿入できる体位です。

「ベッドに行くまで待てない!」という焦燥感は、ときに女性にも満足感を与えます。それほど求められている…という精神的な満足につながるのです。

立ちバックの注意点

  1. 野外セックス(青姦)もできるが、人の目や場所に存分に注意しよう
  2. 毎回立ちバックすると、大事にされていない印象を持たれる
  3. 女性が掴まれる壁などがある場所にする
  4. いくら焦燥感が良いと言っても、前戯はちゃんとする

立ちバックは、手軽にセックスできることから、愛撫などの前戯を忘れがちです。ときにはそんな早急なセックスも良いでしょうが、毎回だと「性欲処理のためのセックス」と思われてしまいます。

セフレであっても恋人であっても、立ちバックの使いどころを間違えないようにしましょう。

バックでの気持ちいい愛撫とは

たくさんの後背位の種類をご紹介しましたが、やってみたい体位はあったでしょうか。魅力的な後背位を見つけたなら、挿入するイメトレだけでなく、女性をよろこばせる愛撫のイメトレもしましょう。

そもそも、バックが女性に人気な理由の中には、おっぱいやクリトリスを触ってもらいやすい、というものがあります。

エロナルド
その点を忘れてしまっては、自己中セックスになっちゃうね。

バックをするときに、膣以外の場所を愛撫する方法をしっかり覚えておけば、いざ本番でも忘れずに行えるはず。

後背位中のおすすめ愛撫

  • おっぱいをつかむ
  • クリトリスを触る
  • アナルを攻める

もちろん、アナル攻めは相手の女性によるので、しっかり趣味趣向を知ってからにしましょう。

では、女性の二大性感帯である、おっぱいとクリトリスの愛撫のやり方について、さらに詳しいポイントを考えてみましょう。

後背位でのおっぱい愛撫

バックでは、重力によっておっぱいが垂れるので、貧乳の子でも質量を感じやすいはず。乳首をピンポイントでつまむより、乳房全体を鷲掴みにして揉んだ方が、男らしさが増します。

後背位でのクリトリス愛撫

バックでピストンしながらクリトリスをいじるのは至難の技。微振動を与えるのは無理と言えます。なので、中指でちょっと強めにクリトリスを押し付けるのが◯。あとはピストンの振動で感度を与えられるでしょう。

そのほかでも、後背位中の愛撫で女性の心をつかむ方法があります。基本のバックの姿勢で、男性が女性を抱きしめるスタイルになり、背中にキスをする…燕返しで持ち上げた足にキスをする…など、女性の喜びそうな行動を積極的にするのがおすすめ。

ミケランジ
恋人関係の場合、唇以外の場所にキスをするのはポイントが高いよ!

割り切り関係のセフレであっても満足感を与えられることがありますので、積極的にキスしましょう。ただ、風俗ではキモがられるのでおすすめしません。

エロナルド
バックって、男の好きなようにできる体位だけど、女性にも奉仕した方がさらに良いんだね。

女性に人気のバックで気持ちよくなろう!

男性に人気のバックの概念と、女性に人気なバックの概念の違いがわかりましたでしょうか。

男性は、自分の好きなように動けるというメリットが第一ですが、女性は、男らしくいじめてもらえるというメリットなのです。ただ激しく後ろから突くだけでは、満足できない女性もいるはず。

むしろ、毎回のセックスでバックしかしない…というカップルだと、まるで「顔を見る必要がない」と思われているように感じるでしょう。

後背位はやりすぎ注意!

  • 性欲処理感が強くなる
  • 愛のためのセックスに思えない
  • 男性側の自己中セックスになりがち

女性も「バック大好き♡」なら良いのですが、すべての女性がそうとは限りません。相手の女性の趣向に合わせ、臨機応変に攻め方を変えるのが一番のテクニックですね。

バックの種類はたくさんあるので、女性が精神的にも肉体的にも気持ちよくなれる体位を探してみてはいかがでしょうか。その上で、射精するときには自分の好きな体位でフィニッシュできるよう、気持ちいい角度を探ってくださいね!

"オトコ"を上げる魔法のアイテム

精力剤おすすめランキング

無料オフパコメルマガ講座サイトでは書けない「オフパコするための極意」について、講座形式で学んでいくメルマガです。

「やるべきことが180度変わった」と評判を多くいただいており、裏垢の運用に悩んでいる人にぜひ読んでもらいたい内容です。

無料メルマガ講座に参加する

-セックステクニック
-

Copyright© Men's Pleasure(メンズプレジャー)|オフパコ・出会い系アプリ(ネトナン)・最高の射精を追求 , 2020 All Rights Reserved.