パパ活

パパ活で怖い思いをしないために!トラブル回避法と恐怖の体験談

結論

  • Twitterで出会わない
  • 本名や住所を教えない
  • 会う前に制約を決める
  • 密室に入らない
  • 少しでもマナーが悪いと思った瞬間に、そのパパとはもう終わりの方向へ

これからパパ活を始めたいと思っている人も、今のパパ活が軌道に乗ってきたという人も、気になることと言えば、パパ活での怖いトラブルではないでしょうか。

ルーティ
パパ活をしていると、怖いトラブルに遭遇する確率は低くないんだよね。

もちろん、怖い思いのハードルは人それぞれです。ちょっと罵倒されるくらい平気〜と思えるベテランpjもいれば、少し口調を強められるだけで萎縮してしまう初心者pjもいるでしょう。

どちらにしろ、pjに怖い思いをさせるパパとは、危ない人である可能性が高いです!

パパ活で怖い思いをしないためにトラブルを回避して、自分の身を守れるのが一番ですよね。今回は、パパ活で起こり得る怖いトラブルの例と、それを回避するための情報をお伝えします。

そもそもパパ活のやり方を知らないという人はこちらの記事をまずはご覧ください。

【詳説】パパ活のやり方・始め方|今更聞けない金額相場とパパの見つけ方

関連記事を読む

パパ活で怖いこと|リスク危険度別に解説

パパ活で怖い思いをしたら、pjはどんな気持ちになるでしょうか。怖い思いをするのも勉強のうち!と思い、何でもかんでも後先考えずに挑戦していると、取り返しのつかないことになる可能性もあるのです。

パパ活で怖い思いをすると

  • もうパパ活をしたくないと思う
  • 男性不信になることも
  • トラブルがエスカレートして、警察沙汰になるかも

パパ活は、お店を通さず、個人間での信頼で成り立っているものです。怖い思いをするというのは、その信頼関係が崩れることと同義ですよね。

信頼していたパパに裏切られたpjは、金銭的な損失以上に、心も病むことが大いにありえます。

ルーティ
どうせ使い捨てのパパだし…と思っていても、いざ怖い思いをしたときは、想像以上にショックを受けるはずだよ。

どんなことが起こり得るのか、ある程度把握していれば、無駄に傷つくことがないでしょう。逆に言えば、リスクを知っていれば、パパのことを信用しすぎる事態にはならないのです。

また、パパ活で起こり得る怖いこととは、ふたりの問題だけではありません。パパとpjの二者関係以外の側面からも見ていきましょう。

危険度

  • 危険★     周囲や身内にパパ活バレ
  • 危険★★    暴行・暴力・暴言
  • 危険★★★   無理やり大人行為
  • 危険★★★★  パパがストーカー化
  • 危険★★★★★ 訴えられる

危険★ 周囲や身内にパパ活バレ

まず、パパ活を始めるときに、多くのpjが思うことは、親や友人・彼氏にバレないかな?という不安ではないでしょうか。

ルーティ
周囲に勧められてパパ活をやり始めるpjもいるけど、友だち全員がパパ活賛成派とは限らないから嫌われるかもしれないし、親に同意を求めるのは超難しいよね。

友人はまだしも、親にバレたとき、パパ活をやめろと言われることは必至で、さらに行動制限もつけられてしまうかもしれません。特に大学生pjは、まだ親の監視下にあることが多いですから要注意です。

何より、彼氏には絶対にバレたくない!と思うpjが多いのではないでしょうか。パパ活をしていることを容認して付き合っている男女は、そうそういないはずです。

彼氏バレ=別れに直結すると考えてもいいくらいでしょう。お店を通した金銭のやり取りではないぶん、多くの男の人からすれば「どうせセックスしてる」「不健全」と思うのが条理です。実際に大人関係があるないの論点ではなく、パパ活バレした時点で信用を失うことになる可能性があることは否めません。

パパ活バレを回避【スマホ】

  • パパ活アプリをホーム画面に出さない
  • Twitterのパパ活アカウントは逐一ログアウト
  • パパ活関連の通知はすべてオフ

スマホ上での危機管理はしっかり行い、うっかり見られてしまうなんてことがないようにしましょう。また、Twitterでパパ活アカウントがある場合、日常のことは呟かないのも対策のうちです。身バレとは、些細な情報から始まることもあるのです。

また、pj自身の身なりも重要。

パパ活バレを回避【外見】

  • 急に身の丈に合わないブランド物を身につけない
  • 給料以上の羽振りの良さを見せない
  • 美容代もうまくごまかす

会社員ならお給料、大学生ならバイト代やお小遣いなど、現在もらっているであろうお金以上の浪費をすれば、周囲は不審に思います。この点はなかなか難しいですが、手に入れたお金を好きなように使って着飾りたい欲求をうまいこと抑えなければいけません。

ルーティ
周囲にバレないように好きなことに使うのならいいけど、誰がどう見てもお金持ちルックになってしまうと、怪しいよね。

しかし、パパ活における怖いこととは、身バレ程度のことではありません。実際に身に危険が及ぶこともありえます。

危険★★ 暴行・暴力・暴言

何度も言いますが、パパ活とは、お店を通さずに個人間でやりとりをするものです。交際クラブからパパ活に発展したとしても、会うときはふたりきりですよね。

パパ活での暴行って?

  • 無理やり身体の関係を持とうとしてくる
  • パパの思い通りにならないとき、暴力に変化する
  • 言葉での暴力もある

ラブホテルに無理やり連れて行かれそうになる、車に乗せられそうになる…などなど、腕を強引に掴むだけでも、立派な暴行とされることもあるのです。初めて会った人でも、リピートのパパでも関係なく、このリスクはあります。

ルーティ
未遂で終わればまだいいよね…

危険★★★ 無理やり大人行為

パパ活で多く問題となるのが、無理やり大人行為をされることです。大人・オトナ・ドカタ、という隠語で語られる、セックスのことですね。

パパ活を始めるときに、大体は初めて会う前のすり合わせのなかで「大人あり、なし」と取り決めをするのが普通です。

なしの場合はホテルにすら入らないはずですが、パパ活関係が長くなると、なぁなぁにされてしまうこともあります。さらに「今までこれだけ貢いだんだからいいだろう」と、パパが急に豹変してしまうこともあるのです。

パパ活での大人行為

  • pj側も、お世話になっているパパだと逃げづらい
  • 太パパにオトナ提案されて、言うことを聞かなければお金を返せと言われることも

無理やりの大人行為は、れっきとした強姦です。犯罪行為と言えます。セックスしないならばお金を払えというのも、場合によっては恐喝に値することもありますよね。

けれど、pj側も、犯罪行為を訴えてパパ活をバレしたくないという理由もあり、言いなりになるしかなく、泣き寝入りしてしまうこともあるでしょう。

ルーティ
一度「大人」をしてしまったら、次からまた大人なしの関係へ戻ろう、にはなれないはず。もちろん大人関係ありきでパパ活をするpjもいるけど、望んでいないのなら、身を守る行動をしよう。

何より、セックスで傷つくと、かなりの精神負担があります。その現場自体がすごく怖いのは当たり前ですが、望まぬセックスは、のちのちの精神状況にも影響します。

この点はパパ活をする上ですごく気をつけなければならないことです。

危険★★★★ パパがストーカー化

パパ活をする上で、本名を名乗るかどうか…どうしてますか?パパ側は、太ければ太いほど、身分を開示して信用してもらおうとすることが多いですが、その信頼性に応えて自分も本名を名乗りますか?

本名を教えてなかったとしても、お手当てを振り込みにしてうっかり本名が知られてしまうと、教えていない情報まで勝手に調べられて、パパがストーカー行為をしてくることがあります。

もちろん、本名を教えなくとも、ストーカーのリスクはあるでしょう。執着心が強いパパを引いてしまった場合、pjがやんわりお断りしてもネチネチと追いかけてきて、接点を持とうとすることもありえます。

ストーカー化してしまうと、なかなか振り切ることができません。警察に相談しようにも、相手をどこの誰かと説明する際に、パパ活で出会った人だと言わなければいけませんし、身内に守ってもらうにしても、見ず知らずのおじさんと言うにはなかなか辻褄が合わないところが出てくるでしょう。

何より、ストーカーするほど執着心が強いパパは、危ない人です。何をしでかすかわかりませんよね。暴行に発展したり、職場や家へ嫌がらせをしたり…考えられる一通りの怖いことのリスクがあります。

ルーティ
本名を教えなければ安心!というわけではないよ。生活スタイルをなるべく隠してパパ活をするべきなんだよね。

危険★★★★★ 訴えられる

パパ活で見落としがちなのが、自分が不利な立場になってしまう可能性です。pjにとって、パパこそ警戒すべき人であり、怖いことをしてくるパターンもありえる相手ですが、pj自身はどうでしょうか。

怖い!pjが訴えられる

  • パパが既婚者の場合、大人関係を持つと不倫とみなされる

法律のことはケースバイケースなので、どうなれば慰謝料が請求される…と名言はできません。しかし、このようなリスクもあるということは覚えておきましょう。

パパになれるほどお金に余裕がある方が、全員独身とは限りません。不倫裁判の場合、既婚者と知っていたかどうか?が論点になることも多いですので、既婚者と聞いたら尻込むくらいの気持ちがあってもいいかもです。

ルーティ
ただ、独身のパパより、既婚のパパのほうが「パパ活バレしたくない」と思っている確率も高くて、行為の隠匿のスキルも高いんだよね。太パパこそ、既婚者であることも多いし。

どちらにしろ、これは大人関係を持ったときのことですので、大人関係を持たなければ、多くの場合は回避できるトラブルです。といっても、大人パパ活をすると決めているpjも多くいるのが現実なのです。

パパ活の怖いトラブルを回避するには

パパ活での怖いことを経験すると、もうパパ活をやりたくないと思ってしまうようになったり、それだけではなく対人恐怖症になってしまったりもします。基本的にはパパとpjの利害の一致で成り立つパパ活ですから、怖い思いをせずに、うまく稼ぎたいですよね。

この、利害の一致という点が、怖いトラブルを回避するために非常に重要です。

パパ活トラブルの本質

パパが求めていることと、pjが提供できることに差があるために起こることが多い

ルーティ
ただし、ただの悪意しかないパパもいることは覚えておいてね。

そんな悪質といえるパパ、通称「クソ客」に会わず、怖い思いをせずにパパ活をするためには、自衛するしかありません。いくつか対処法をお伝えしますので、今すぐに活用してください!

トラブル回避法

  1. パパの質にこだわる
  2. ツイッターで募集しない
  3. 制約・条件を明確にする
  4. 車には乗らない

トラブル回避法1|パパの質にこだわる

まず最初に、パパ選びは慎重になることです。パパ活の始め方の記事では、フットワークを軽く!と紹介しましたが、あくまでも、それは良パパであることが前提なのです。

良パパとは?

  • お金払いのいいパパ
  • 制約にないことをしようとしてこないパパ
  • 話が面倒じゃないパパ
  • ある程度の距離感を空けてくれるパパ

良パパの基準とは、人それぞれです。

こういう意見もあるように、とにかくいろんなパパと出会うことがpjとして稼ぐコツとされているのですが、そもそもメッセージ(会う前)の段階で、少しでも不快感があるパパはやめておきましょう。

お金払いのいいパパは心にも余裕があるはずなので、pjを貶すようなことは言いません。制約以上のことを求めないパパは、初めての取り決めから、しっかり考えてくれるでしょう。

ルーティ
忘れてはいけないのが、パパ側もpjを選ぶ立場ということ。良パパならさらにそうなんだよね。pj選びに気を遣ってるはず。いくらパパ選びを慎重にすると言っても、pjが傲慢になってはダメだよ。

また、並のパパを良パパに育てることができると言っているpjもいますが、第一印象のフィーリングは大事にしてください。そして、関係性が深くなってきて「ちょっと態度が変わってきたかも」と思った段階で、潔くさよならした方が身のためです。

利害が一致しなくなった時点で、パパ活関係は成り立ちません。

お金の稼ぎばかりに気を取られると、パパにあまり信頼がなくても続けようとしてしまうでしょうが、お金よりも身の安全を確保するための行動をしましょう。

ルーティ
そもそもパパの質が低いと病むことにも繋がります。病まないパパ活方法については以下の記事も参考にして下さい。

【パパ活】割り切ってるのに病む理由と病まないパパ活のやり方

関連記事を読む

トラブル回避法2|ツイッターで募集しない

基本的に、Twitterでpjを募集しているパパや、Twitter上のDMでパパ活提案をしてくるパパは信用できないと言われています。

Twitter上で出会ったパパの質が悪かった、危ない人だった、という体験談も多いのが理由ですが、ほかのパパ活出会い媒体と比べれば、パパの質の悪さが考えられるのです。

Twitterパパ活

  • Twitterは交際クラブのように会費がない
  • パパ活アプリのように課金制度がない

Twitterでpjを探そうとしているパパは、初期費用をケチろうとしていると考えられますよね。また、Twitterはパパ活アプリや交際クラブと違い、年齢認証もないです。つまり、利用する上で身分証を提示することはないのです。

結果的に本名は隠せるパパ活アプリでも匿名性は高いと言えますが、Twitterの方が身分を開示せずに使用できるものですので、パパとしての信頼性には欠けるというわけです。

ルーティ
ツイのDMで連絡してくれた人と会うというpjもよくいる。みんな安全にできているから大丈夫だろう、という理論は成立しないの。いつどこでなにがあるかはわからないから、自衛は必要。

交際クラブやパパ活アプリを通して出会えば、少しでも怖いことがあったとき、運営に「この人が悪いことをしました」「危ない人です」と言うことができるのです。実際にそれを伝えられる勇気があるかどうかは置いておいて、管理をしている組織があることは重要と言えるでしょう。

トラブル回避法3|制約・条件を明確にする

初めて会うパパでも、これから月極契約するパパでも同じですが、何を対価としてお手当てをもらうのかの制約は明確にしておきましょう。

決めておくべきパパ活の条件

  • 大人あり/なし
  • セックスだけじゃなくキス、手繋ぎもルール化しておくとよし
  • どこで会うか・何をするか
  • 何時間拘束か
  • どこでお別れをするか
  • その日のお手当てはいくらか
  • 前払い、後払いなどお手当てのタイミング

初心者pjだと、「送っていくよ」と言われて断れず、家の付近まで一緒に行ってしまう、また「先にお手当てを」とハッキリ言えずになぁなぁにされるなどのミスも見受けられます。

これは、パパのことを信用していなくても、pj自身の甘さが出てしまう事例ですね。

ルーティ
パパに気に入られたくてハッキリ言えないと感じることもあるかもしれない。けど、気に入ってもらう価値のあるパパなのかどうかを先に考えるといいよ。

大人関係なしのパパ活は絶対に密室に入らない

大人ありのパパ活は仕方ないですが、なしの場合は「なにもしないからホテルで休もう」「家に遊びにきて」と、密室に誘われても絶対に断りましょう。大人なしのパパ活の対価は食事や会話ですよね。密室に入る必要性はありません。

制約にないことをお願いされるとき、「お手当て増やすから」と言われることもあるかもしれませんが、そこでお金に目が眩んで判断力が鈍ると、怖い思いをするリスクがぐんと高まってしまいますよ。

トラブル回避法4|車には乗らない

ホテルや家ではなく、車も密室のうちです。さらに、走行中の車からは逃げ出すことはできず、たいへん危険です。ものすごく高級車を見せられると、信頼性が高く見えてしまうこともありますが、車には乗らない方がいいです。

パパ活での車移動

  • 予定にない場所に連れて行かれることもある
  • 狭い空間なので身体に簡単に触れられる
  • 相手の自家用車なら、相手の勝手知ったる空間である

車の中に何か用意している可能性もあります。男性に腕を掴まれれば、簡単に振り解けない上に、抵抗できる空間も少ないです。

どうしても車移動なら、タクシーを使用しましょう。お金に余裕があるパパなら、やや長距離でタクシーを使うのも厭わないはずですよね。

ルーティ
中には、私はものすごく信頼関係が作れているから怖いことなんてない!と言うpjもいるけど、基本的には上記のツイートのスタンスでいようね。

パパ活の怖い思い体験談・事例

パパ活において、刑事事件になった事例もあります。ニュースで見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

ルーティ
こういったニュースを見るのは稀だけど、実際に周りではそんな話は聞かないから大丈夫。と、思ってると、身を守るための行動に意識が向かないよ。

もちろん、Twitterやパパ活アプリに溢れるpjたち全員が、このくらい過激な被害に遭うというわけではありませんが、可能性はゼロではないです。そして、怖いトラブルは、ニュースになるような刑事事件だけではありません。

事例

  1. ガチ恋へ変貌したパパ
  2. 暴言や罵倒をされたpj

事例1|ガチ恋へ変貌したパパ

ストーカー化してしまうパパは、pjに対して歪んだ愛情と執着があると言えますよね。

もちろん、最初はただの好意だったかもしれません。けれど、お金をもらって成り立っている関係ということを理解しきれず、心まで求めてしまうようになるのでしょう。pjが思い通りに心を癒してくれなかったら、あの手この手でpjの身辺を漁り出し、近づこうとするのですね。

ストーカー化させないためには

  • 本名は明かさない
  • 家の場所が悟られないようにする
  • 大学、職場など自己開示はしない
  • 恋愛っぽくなったと思った瞬間に関係を切る

話の中で自己開示をしてしまうことは、誰にでもあります。些細なことから身バレしてしまう可能性を考え、パパ活用のキャラ像を用意しておくのが吉ですよ。

ルーティ
あと、さっきも言ったように、時が経つに連れて利害が一致しなくなってくるなら、「危ない人」と判断するべき。

事例2|暴言や罵倒をされたpj

暴言とは「ブス」「頭が悪い」「バカ」なども含まれます。感情的に怒鳴られていないからいい、というわけではありませんよね。

パパ活をしていると、パパのストレスの捌け口にされてしまうことも多くあり、多数のpjがこの被害に遭っている可能性が高いです。お金を払っているのだから、と高圧的になってくるパパは、どう見積もっても良パパではありません。

少しでも暴言を吐くパパとは、その場限りで終わらせてしまいましょう。エスカレートすると、もっと怖い思いをする可能性が高いです。

怖い思いをしないパパ活スタイルを保つこと

パパ活における怖いトラブルの多くは、回避するための対処法があります。大人ありでのパパ活をしてしまうと難しい部分もありますが、初心者pjは、お金ではなくパパの質で見極めていくことが大事です。

怖いトラブル回避術

  • Twitterで出会わない
  • 本名や住所を教えない
  • 会う前に制約を決める
  • 密室に入らない
  • 少しでもマナーが悪いと思った瞬間に、そのパパとはもう終わりの方向へ
ルーティ
お手当ての金額が大きいと、多少は我慢するか…と思ってしまうpjが多いけど、何かがあってからでは遅いよ。絶対に自分の「怖い」の気持ちを大事にして、無理をしないでパパ活しようね。

ワンランク上のセックスを体験してみませんか?

おすすめ精力剤(フッター)

「風俗で恥をかきたくない…」
「2回戦できるようになりたい…」
「もっと女性を気持ちよくしてあげたい」

女性も乱れて自分も乱れる。
気分も感度も高まるめちゃくちゃ気持ちの良いセックス。
こんな最高のセックスをするために、テクニック以上に大切なのが硬くて太いペニスを手に入れること。

理想のペニスを手にするために使いたいのが「精力剤」
精力剤選びをしっかりすれば、男性の悩みを和らげることもできます。

性の悩み

  • ペニスの大きさに自信がない[ペニスサイズが短小
  • 興奮しているのにペニスが勃たない[勃起不全(ED)][フニャチン
  • セックスの途中でペニスが萎えてしまう[中折れ
  • 女性器に挿入するとすぐに射精してしまう[早漏
  • カリや亀頭が小さく満足させられない[ドリチン
  • 疲れやストレスで性欲自体が湧かない[性欲減退

少しでもこれらの悩みに心当たりがある方は精力剤を試す価値があります。

男として最高の快楽を追求するためにも、ぜひ下半身の悩みを解決しておきましょう!!

おすすめ精力剤を見る

-パパ活
-

Copyright© アダルト戦記|おすすめ精力剤・増大サプリ比較と最高の射精を追求 , 2022 All Rights Reserved.

夜が楽しみになる最強アイテム
\超厳選おすすめ精力剤/
\超厳選おすすめ精力剤/