パパ活

パパ活女子が気持ち悪いと批判される理由と悪口を気にせず上手く稼ぐ方法!

結論

  • 世間でできあがっているパパ活女子像に対しての批判が多い
  • パパ活女子一人一人の都合までは考えていない批判が多い
  • パパ活仲間を作ると気にせず稼げる
  • あまりに批判的なSNSユーザーはブロック
  • 常に客観視できるような精神状態を保つ
  • いつかパパ活はやめるだろうと強い意志を持つ

「パパ活なんて気持ち悪いパパもパパ活女子も両方気持ち悪い。」

そんな声が多く見られると、パパ活を始めようとしている気持ちが萎えていきますよね。パパ活を始めようとしているあなた本人も、気持ち悪いことを承知の上で…というパターンも多いのではないでしょうか。

気持ち悪いと批判されることを自覚しつつパパ活を始めると、気になることは…

  • 身バレが心配
  • 友達にバレたくない
  • 彼氏にバレたときは破滅

つまり、パパ活バレの何が怖いって、パパ活女子になっているあなたが気持ち悪いと思われることなのです。

ルーティ
ほとんどのパパ活女子は、世間的に気持ち悪いと思われていることは承知してるんだよね。だからバレたくない。

自分が好意を寄せている人から面と向かって「パパ活なんてやっている人は気持ち悪い」と言われたり、ネット上で「マジ気持ち悪い」といったストレートな言葉を見たりすると、やめたくなるときもあります。始めようとしていた気持ちにストップがかかることもあります。

今回は、なぜパパ活が気持ち悪いと言われるのかを紐解き、前向きな気持ちになるため落ち込みを消化する方法をお伝えしたいのですが、まず最初にわかってほしいのは、嫌悪感を捨てきれないのなら無理にパパ活をするべきではないということです。

ルーティ
けど!経済的な理由でどうしてもパパ活ビジネスを必要としている人もいるよね。パパ活に限らず性を売りにした仕事って、貧困層にはセーフティネットだったりする。どうしてもやらなきゃいけないときもあると思う。そんなときに気持ち悪いと言われると病んでしまうから、その批判を蹴散らす気概や前向きになれる考え方を知ってほしい!

国に許可を取って営業している性産業も、昨今は本人確認やあれこれが厳しめです。さまざまな事情から、個人間のやりとりであるパパ活に頼らないといけない人もいるでしょう。

気持ち悪いと言われて病んでしまっては、うまく稼ぐことができません。価値観の違いは仕方ないことですから、頭ごなしに批判している人よりも芯を持って活動すればよいのです。そのための対処法をお伝えしていきます。

そもそもパパ活のやり方を知らないという人はこちらの記事をまずはご覧ください。

【詳説】パパ活のやり方・始め方|今更聞けない金額相場とパパの見つけ方

関連記事を読む

パパ活が気持ち悪いって言われたことある?

パパ活をテーマにしたドラマすらも放映される昨今ですから、パパ活について友人と喋ったり、意見を交換したりもするのではないでしょうか。仲が良い友達に「パパ活女子なんて気持ち悪い」と言われてしまったら、やろうとしていてもなんだか「パパ活=悪」と思ってしまうこともありますよね。

まずは、パパ活肯定派(やろうとしているあなた自身)の心理を明確にしましょう。

パパ活が気持ち悪いと言われて嫌な理由

  • 自分を否定されている気持ちになるから
  • パパ活バレしたときに人間関係が破綻しそうだから

多くの理由はこの二つに尽きます。もし、パパ活を批判しているのが彼氏や好きな男性だったらもう少し変わってきますが、ほとんどの場合は人格否定・幻滅につながることが嫌なのです。

バレなきゃええやん!の精神でパパ活をするのもいいでしょう。けれど、どんなに気を強く持って、バレてない状態だとしても怖いものは怖いですし、嫌な気持ちになるときはなります。

ルーティ
嫌な気持ちになる理由はわかったね。じゃあ、パパ活が気持ち悪いって言われる理由はわかるかな。なんで気持ち悪いのかって論理的に言われたことはあるかな。一般人の多くは社会評論家じゃないんだから、あんまりないと思うんだよね。

なんでパパ活が気持ち悪いと言われるのかをちゃんと理解すれば、漠然とした「悲しい」「わかってくれない」「好きでやっているわけじゃないのに…」の気持ちを喝破できるようになります。

誰だって、ただ理由もなく批判されたら嫌ですよね。でも理由を提示されれば、理解できる点と相違点を見出して、価値観の違いを受け入れられる可能性が高くなるのです。

パパ活女子が気持ち悪いと言われる理由分析

実際にTwitterに投稿されているパパ活批判意見を元に、パパ活が気持ち悪いと言われる理由を分析していきます。Twitterの場合、特定の人物への批判というよりも、パパ活業界すべてに対する嫌悪感を露呈していることが多いですが、それだって病む原因になります。

ルーティ
SNSの難しいところは、そうやって不特定多数の意見を簡単に見られてしまう仕組み。

時に利点になり、時に悪く働くシステムですよね。見たくもない興味もないツイートでも、Twitter上で「おすすめのツイート」として表示されるのです。普段からパパ活に関するツイートを見ていると、パパ活というワードだけを抜き出して、サジェスト機能で勝手にTLに出てしまいます。

パパ活が気持ち悪い人の意見

  • パパ活って言い方が気持ち悪い
  • おじさんに愛想振りまいてお金稼ぐとか気持ち悪い
  • 女を売りにしてる稼ぎ方が気持ち悪い

このような批判的な意見を見たとき、パパ活をしている自分が否定されている気持ちになってしまうことも。特に、今まで好きだったユーザーや社会的に影響力のある人にそんなことを言われたら、さらに傷付きます。

これはネット上だけでなく、リアルの友人でも同じです。いつどこで「パパ活なんか気持ち悪い」と言われるか分かりません。

もしも批判にぶち当たったとき、頭ごなしに「気持ち悪い」と言われたとしても、感情理論を先に理解していればある程度温厚でいられるはず。

ルーティ
気持ち悪いと言ってくる人に対抗して反論する必要はないから「なるほど〜」と流せるくらいの余裕を持てるといいね。

気持ち悪いと言われる理由

  1. パパ活=援助交際だから
  2. 好きでもないおじさんに媚びへつらうから
  3. 健全なお金の稼ぎ方ではないから
  4. 理由が提示されない批判

理由1|パパ活=援助交際だから

パパ活=援助交際と思う人は多いです。広義で言えば、間違っていません。pjからすると、パパ活と援助交際は違う!身体を売ることが絶対じゃないから!と思うこともあるでしょう。

多くのパパ活女子が思う援交との違い

  • おじさんの淫らな欲望に答えることが援助交際
  • パパに応援してもらうのがパパ活

今現在パパ活女子になっている人は、援助交際という言葉が普通だった時代を詳しく知らないでしょう。なのでわかりづらいかもしれませんね。

違いについての理論はほかにもありますが、パパ活女子は、世間の認知としてのパパ活は援助交際と同じだと認めることをおすすめします。

A=B・B=C・A=Cを理解する

  • A=援助交際は、若い女の子が男性のために時間を消費し対価をもらうこと
  • B=身体の関係が絡むかどうか(男性の欲望が何か)は外野が見てる結果論に影響しない
  • C=パパ活は、若い女の子が対価のために男性と時間を共有すること

身体の関係が絡まないパパ活をしている人にとっては偏見でしかないでしょう。それなら、「私はパトロン活動をしている」と、世間の認識を一刀両断して我関せずと思っていればいいのです。

ルーティ
パトロンのおじさんに応援してもらってるパパ活と、身体を売っているパパ活の違いがわからないのに、ひとまとめにして批判だけをする人は社会学が足りないんだな…くらいに思えばいいだけ。

身体が絡むパパ活をしている人は、批判されても厚顔無恥で、この稼ぎ方は今しかできないと腹を括ることをおすすめします。その稼ぎ方をしていることで第三者に迷惑をかけなければいいのです。

極論、公然わいせつでもないのですから「気持ち悪い」の感情をもたせることは犯罪ではないということです。

理由2|好きでもないおじさんに媚びへつらうから

自分に置き換えて考えたとき、自分なら好きでもない年上の異性に取り入るのは苦痛だ、という心理を想像して批判する人もいます。

pjなら理解できると思いますが、パパに対して不快感を得るときだってもちろんありますよね。けれど、お金のために我慢してやっているのでしょう。

たまに、まったく不快感がないパパもいるでしょうが、多くの場合は「キモいな」と思いながらも笑顔を作っているはずです。

ルーティ
逆に言うけど、きみは仕事をしていて誰かに愛想を振りまかなきゃいけないときってのに遭遇したことはないのかい?と思うよね。

パパ活をビジネスとして考える=どんな仕事でも相応のストレスがある!

なんのストレスも感じない仕事なんてないはずです。パパ活の場合は、それが異性に対する不快感に偏っているだけの話です。

個人それぞれの仕事のストレスを批判するのは野暮ではないでしょうか。逆の例を出すと「あなたは家電の販売で客からのクレームにストレスを感じているのに続けるなんて気持ち悪いね」と批判するようなことです。

ただし、キャバクラだって同じようなストレスがあるはずなのに、パパ活だけに特化して批判される理由も考えてみないといけません。

理由3|健全なお金の稼ぎ方ではないから

パパ活が不健全と批判される理由

  • お店や会社を通さず個人間のやりとりである
  • 具体的な社会貢献につながる仕事ではない
  • パパ活をビジネスとするのなら所得税(贈与税)が発生するはずなのにpjが払っている事実が見えない

正直、ここまで厳密に理論を展開された上での批判はそんなに見ないですが、パパ活を不健全だと思う人は、生理的な嫌悪感のほかにこのような社会事情が含まれることもあります。

しっかり言語化されていないとわかりづらく、「不健全って言われるのはただの偏見だ!」と思ってしまうでしょう。

上記のツイートは、ちょっと言い方が辛辣すぎる内容ですが、この批判についてはしかと受け止めるべきではあります。パパ活はお金が発生しますので、贈与税・所得税が発生するボーダーラインがあるのです。

パパ活の納税についてざっくり説明

  • 1年間でパパからもらった金額が110万円以上になる場合は贈与税が発生
  • ほかに本業がある場合は年に20万以上稼ぐと副業に該当し所得税が発生

このように税法で決められていますので、該当するのに確定申告をしておらず納税していない場合は脱税とみなされるのが現実。

自分は絶対に批判されないやり方でパパ活をしよう!と思っているのならこのラインを越えずに稼ぐか、もしくはちゃんと確定申告をするのがおすすめ。稼いでいる額が大きくなればなるほど、税務署からの追求が入る可能性が高くなります。

ルーティ
手渡しであればバレないだろう、と考えているpjもすごく多いけど、その考えの甘さも批判の理由のひとつになっているよね。多くの人は会社員として働き、脱税をする隙なんてないから…。

残念ながら、この理由で批判されたときは「自分はちゃんとやっているから大丈夫」と思えるようにするしかないです。バレなきゃいいや精神は、生理的な価値観の「気持ち悪さ」の対処法には通用しますが、課税に関する批判には通用しません。

ちなみに、夜職でお店を通して働いている人でも脱税についての批判は該当しますよね。ものすごく売れている有名なキャバ嬢はちゃんとやっているでしょうが、確定申告していない夜職の女の子も存在します。ただし、だからと言って「キャバ嬢だって脱税してんじゃん!」なんて糾弾は正当化にはつながらないので冷静になりましょう。

理由4|理由が提示されない批判

特に理由なく気持ち悪いと言われることもよくあります。

この批判について探れる心理は、これまで述べたさまざまな理由を説明することすら面倒、そして理由なんて言わなくても気持ち悪さは伝わるよね?という「自分の意見は大衆論である」の価値観です。

理由なく批判をされると心地が悪いですね。その嫌な気持ちの正体は、価値観のズレでしょう。

パパ活に対する価値観の表明とは

  • 同意のあるなし関係なく言いたい
  • 多くの人と同じ意見であると自負している
  • パパ活をしている人たちへの蔑み

パパ活に限らず理由を言語化しない批判は、相手にする必要がありません。そもそもTwitterとは呟きの吐き捨て場であることも多いので、そんな意見が目についたとしても気にしなければいいでしょう。

気持ち悪いと吐き捨てている人が他人なら、わかってもらおうと思う必要もないですし、言葉に傷付くだけ無駄です。価値観なんて人それぞれですので、わかりあうことはできないですよね。

ルーティ
ただ、「そういうふうに思う人もいるよね」と受け入れる気持ちをすべて排除し「批判する人がバカなんだ」と開き直りすぎてしまうのはおすすめできないよ。

パパ活は多くの人にとって気持ち悪いものと理解していないと、根拠のない自己正当化につながり、それこそ価値観の押し付けに発展する可能性があります。

多く見られるパパ活女子の理論

  • 援助交際とは違う!と説得しようとする
  • パパ活で稼げている=接待能力が高い証明だと言い張る
  • 普通の会社員よりも高時給で稼げている=有能だと誇示する
  • 金こそすべて!美貌と若さで稼いだもん勝ちの勝ち組アピール

どんな理論を持っているのも自由ですが、パパ活批判をしている人に対して言ったところで、折り合いはつかないでしょう。おそらくどんなパパ活理論でも論破されてしまう糸口があります。

他人は他人、自分は自分と思い、理由なき批判は素通りするのが吉です。犯罪に手を染めているようなパパ活をしていないのであれば、悪ではないのです!

批判を気にせずパパ活をする方法

前提として、気持ち悪いと言われることが気になるパパ活女子は、パパ活をしている自分に劣等感があるからではないでしょうか。自信を持ってパパ活をしている最中は、批判を気にしなくなるはずです。

そのパパ活批判に心を痛める気持ちは、大事に持ち続けることをおすすめします!

パパ活批判を気にするメリット

  • パパ活に関しての価値観が偏らない
  • パパ活をしていない人との関わり方についてよく考えられる
  • パパ活バレを絶対に防ごうと思える

パパ活批判を気にしなくなると、バレることへの危機感が薄れます。周囲にパパ活を暴露しながら過ごしてもいい、と今は思えるかもしれませんが、いつか後悔してからでは遅いのです。

ルーティ
これは、パパ活をしないようにするのが常に最善!パパ活は悪!ってことではないよ。パパ活をしなければ生活が回らない・目標があるからまだやめられないなどの止むを得ない状況もあるだろうし、今しかできない稼ぎ方で得をしておきたい考えも否定しません。

健全にパパ活を続けるためには、ある程度批判に対しての免疫を持つこと、そして批判を受け流せる環境を持つことがおすすめの対処法です。

批判を気にせずパパ活をする方法

  1. パパ活仲間を作る
  2. あまりに批判的なSNSユーザーはブロック
  3. 常に客観視できるような精神状態を保つ
  4. いつかパパ活はやめるだろうと強い意志を持つ

方法1|パパ活仲間を作る

SNSの利点をうまく利用し、パパ活での悩みや情報を共有できる友人をつくると気が楽になります。リアルの友達にはパパ活を暴露しない方がいいときも多くありますので、顔の見えないネット上の友達がおすすめです。

パパ活仲間の作り方

  • Twitterのハッシュタグ「#pjさんと繋がりたい」を利用する
  • 尊敬しているpjアカウントをフォローする
  • 同じような悩みを持っている人に気軽に話しかける

ただし、pjのふりをしてからかおうとしている愉快犯もいることを覚えておきましょう。ネット上では顔が見えないので、相手が本当はどんな人かはわかりませんよね。誰か一人に依存してしまうことはないように気をつけてください。

あまりに過激派だったり、パパ活を正当化しすぎているアカウントとは距離を置きながら、うまくパパ活肯定意見を取り入れてくださいね。

パパ活仲間を作る利点

  • 批判意見ばかりが目につかなくなる
  • 悩みの共有ができる
  • 苦しいのは自分だけじゃないと思える

感情の共有は、精神を安定させる上で非常に大事です。

ルーティ
リアルの友人からのパパ活批判に対しては適当に同意できるくらいの精神を持てるように、感情の吐口を作っておこう!ただ、そこで気が大きくなってしまうとリアルにいるパパ活否定派の友人にも同じような接し方を持ち込んでしまうかもしれないから、気を緩めないように気をつけよう。

ちなみに、病まないパパ活方法については以下の記事で詳しく書いていますので参考にしてみて下さい。

【パパ活】割り切ってるのに病む理由と病まないパパ活のやり方

関連記事を読む

方法2|批判的なSNSユーザーはブロック

先ほど紹介したようなパパ活批判意見を出しているアカウントは、見つけ次第ブロックするのもおすすめです。SNSではフォローをしてなくても「おすすめツイート」で勝手にTLに現れることがあり、不意に気が滅入ってしまうこともありますから、先に自衛をしておきましょう。

フォロワー数が多いユーザーや共感されやすく影響力があるツイートは特に表示されやすいですよね。

自分から批判意見をエゴサしにいくのと、勝手に表示されて急に批判意見を見るのでは、見たときの気持ちの差があります。今ならどんな意見でも「そうですか」と流せるぞ〜という前向きなときに、ブロック作業をしておくのもいいでしょう。

SNS上でのブロック作業の注意

パパ活アカウントとリアル用アカウントはちゃんと使い分けよう!

パパ活用のpjアカウントではガンガンブロックしていいですが、リアル用のアカウントでも同じことをしてしまうと、「この人パパ活してるからブロックしてきたのかな」と思われてしまう可能性があります。

リアル用のアカウントでパパ活について調べていなければ関連に表示される確率は低くなりますので、検索を行うときもアカウントを使い分けるといいですよ。

方法3|常に客観視できるような精神状態を保つ

どんな意見でも、それは一人一人の価値観であることに変わりありません。いくら「いいね」「RT」が多いツイートでも、いくら人気のある有名人が発した言葉でも、突き詰めれば個人の価値観であり、正義とか悪とかの土俵ではないのです。

パパ活について、ものすごく詳しく設定された法律があるのなら別ですが、現状では犯罪に該当しないパパ活ができる社会ですよね。

パパ活批判意見を客観視するコツ

  • 犯罪に該当するかどうかを起点に考える
  • 言っている人の人間性ではなく言葉だけを見る

ときに、パパ活批判の言葉を見て気を病むもしくは気が変わるなどで、パパ活をやめようと思う人もいます。パパ活をやめられるならやめたいと思っているpjもいますから、きっかけになったと言えばそうなのでしょう。

しかし、やめたくてもやめられない状況に立っているpjもいるはずです。批判意見とうまく付き合っていくためには、客観視したパパ活批判を自分の糧にすること!

パパ活批判を逆手に取った対処法

  • 批判を読み解いて自分に当てはまっているところを探す
  • 何が気持ち悪がられるのかを理解する
  • 気持ち悪いと言われる要因を露呈しないようにする

つまり、とにかくバレないようにすること。世間でパパ活が気持ち悪いと言われていても、あなた自身がパパ活女子だと認知されていない状態なら、蚊帳の外の議論と思っていていいのです。

「私だけが批判されている」「これは私が気持ち悪いと言われている」と、思い悩みすぎてしまうと健全な精神状態を保てず、パパ活での稼ぎにも影響してくるかもしれませんね。悪循環です。

ルーティ
偏見や批判は、パパ活女子という世間のイメージが作り上げたフワッとした人物像に向けて言われていることであり、あなた個人を攻撃しているわけではない、と思った方がいいね。パパ活女子になった女の子にはそれぞれいろんな理由があるんだから。

方法4|いつかパパ活はやめるだろうと強い意志を持つ

パパ活が気持ち悪いと言われることを気にするのは、あなたにも同意できる部分があるから…と前述しましたね。

パパ活批判を気にする心理例

  • 好きでやっているわけではないのに外野がうるさい
  • 若いうちしかできないことをやってるのにうるさい
  • パパ活で稼ぐのだって能力が必要

パパ活にはそれなりのテクニックや苦労があります。パパ活で稼げない女の子がいるのも事実ですので、稼げるうちに稼いでおきたいと思う心理は当然と言えるでしょう。

ただし、パパ活は麻薬です。基本的に多くの会社仕事とは成果報酬が月極であり、もう少し稼ぎたいから誰か捕まえよう、と行動してすぐにお金が入るなんてことはあまりないのです。

パパ活女子としての能力が高ければ高いほど稼ぐのが手軽になっていきますので、価値観が狂いがちな側面があります。パパ活批判を気にしている今の自分の感情を大事にしてください。

結果的に、気持ち悪いけど稼げるから頑張ろうと思って続けていたらパパ活をやめられなくなる…というパターンもあります。パパ活にどっぷりハマって、おじさんにお金をもらう以外の働き方ができなくなるような未来は、どう思いますか?何歳までパパ活ができると思いますか?

ルーティ
パパ活の収入だけに頼って生きてしまうと、やめざるを得なくなったときに困ってしまうよ。

パパ活に依存しない!

  • 収入を自分の未来の糧にできる使い方をする
  • パパ活の収入は生涯年収のプランには入れない
  • 副業でパパ活をやっているなら、会社員としても怠らない
ルーティ
いつかパパ活は辞めるけど、今だけ!の感覚でパパ活をしていれば、批判意見は自ずと気にならなくなることが多いよ。だっていつかやめるんだもん。気持ち悪いという意見もわかりつつ、パパ活女子として稼げる自分は凄い!と思いつつ、常に客観視してパパ活しよう。

そもそもパパ活と援交の違いとは「パトロン」の概念だとも言われています。パトロンとは、何かを頑張る人に投資をする人のことです。ただ贅沢に生きるために援助をしてくれることとは、少し違いますよね。

自分がなぜ若さを売りにしてパパ活をしているのかと、目指しているところを明確に言えるようになると、批判も気になりませんし良パパと出会いやすくなります。一石二鳥!

パパ活が気持ち悪いからなんなんだ?お前に迷惑かけてないだろう精神で!

パパ活の批判は直接的なものも多く、口汚いことも多く、傷付く要素になりえます。自己肯定感が下がってしまうとパパ活の稼ぎにも影響しますし、辞めたくなってしまうことも。

しかし、パパ活をしているあなた個人に向けた批判ではなく、大多数のパパ活女子全体に向けた偏見なら、深く考えなくていいのです。

パパ活が気持ち悪いという批判の真髄

  • 世間でできあがっているパパ活女子像に対して言っていることが多い
  • パパ活女子一人一人の都合までは考えていないことが多い

犯罪になっていないパパ活に関しての批判は、ただの個人の価値観です。「女子高生って気持ち悪いよね」くらいの意味不明な意見と同じように捉えても問題ありません。

ただし、パパ活が気持ち悪いと言われることを気にしているあなたは、パパ活をしている自分に劣等感がある可能性が高いです。パパ活批判が気になっているのではなく、自分の在り方を気にしているのではないでしょうか。

ルーティ
パパ活女子として目標を決めてしっかり稼いだ暁には、さっぱりと辞めて、過去のことにしてしまおう。

パパ活の稼ぎ方が自分に合っていると思うのなら、そのまま夜職の世界に入って本格的なパトロン活動をすればいいですし、批判が気になりすぎる・っていないと思うのなら別の働き方を見つけるための資金集めと割り切ればいいでしょう。

個人それぞれの都合や環境を理解されずに批判されたときは、「犯罪ではないし、あなたに迷惑はかけてないし」と、ある程度の他人事でいられる客観性を持って、健全にパパ活ができるといいですね。

ワンランク上のセックスを体験してみませんか?

おすすめ精力剤(フッター)

「風俗で恥をかきたくない…」
「2回戦できるようになりたい…」
「もっと女性を気持ちよくしてあげたい」

女性も乱れて自分も乱れる。
気分も感度も高まるめちゃくちゃ気持ちの良いセックス。
こんな最高のセックスをするために、テクニック以上に大切なのが硬くて太いペニスを手に入れること。

理想のペニスを手にするために使いたいのが「精力剤」
精力剤選びをしっかりすれば、男性の悩みを和らげることもできます。

性の悩み

  • ペニスの大きさに自信がない[ペニスサイズが短小
  • 興奮しているのにペニスが勃たない[勃起不全(ED)][フニャチン
  • セックスの途中でペニスが萎えてしまう[中折れ
  • 女性器に挿入するとすぐに射精してしまう[早漏
  • カリや亀頭が小さく満足させられない[ドリチン
  • 疲れやストレスで性欲自体が湧かない[性欲減退

少しでもこれらの悩みに心当たりがある方は精力剤を試す価値があります。

男として最高の快楽を追求するためにも、ぜひ下半身の悩みを解決しておきましょう!!

おすすめ精力剤を見る

-パパ活
-

Copyright© アダルト戦記|おすすめ精力剤・増大サプリ比較と最高の射精を追求 , 2022 All Rights Reserved.

夜が楽しみになる最強アイテム
\超厳選おすすめ精力剤/
\超厳選おすすめ精力剤/